日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈中に逃亡した事件に絡んで、東京地検は29日、東京都千代田区にある前会長の弁護人だった弘中惇一郎弁護士の事務所に家宅捜索に入った模様だ。
地検は、前会長が海外渡航を禁止した保釈条件を破って無断で不正に出国したとみて入管法違反容疑で捜査している。前会長は保釈中に、弘中弁護士の事務所にあるパソコンを使用しており、地検は任意提出を求めていた。

 ただ、弁護団は、弁護士が業務上委託を受けて保管している他人の秘密に関するものは押収を拒否できるとする刑事訴訟法の規定に基づいて、提出を拒否していた。【遠山和宏、金寿英、志村一也】
https://mainichi.jp/...
毎日新聞2020年1月29日 16時08分より引用

行政書士田中綜合法務事務所