神奈川県海老名市内のコンビニエンスストアの敷地で男性に軽傷を負わせたとして、県警海老名署は「NHKから国民を守る党」副党首で大橋昌信・柏市議(44)を傷害の疑いで書類送検した。捜査関係者への取材で判明した。書類送検は25日付。

 送検容疑は2019年11月8日午後9時ごろ、海老名市扇町のコンビニ敷地で、トラブルになった40代の男性アルバイトの右腕をつかみ全治約1週間の軽傷を負わせたとしている。容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、起訴・不起訴の判断を検察に委ねる「相当処分」の意見を付けた。

 大橋市議は19年8月の市議選で初当選した。大橋市議は毎日新聞の取材に「腕を握ったことは認めるが、その時のけがかは疑問だ」と話した。【高田奈実】

2020年8月31日 19時34分 毎日新聞より引用
https://news.livedoo...

行政書士田中綜合法務事務所