販売管理システムに指定伝票読み取り・照合ソフトを追加しました。

===

今回のお客様は、

取引先から発行される指定の伝票用紙に印刷された型番・形式及び数量・単価等を目視で確認し、

自社システムの登録データと照合・チェックをしていたため、

効率が悪く時間もかかっていました。


それを解決するために、

販売管理システムに指定伝票読み取り・照合ソフトを追加いたしました。





指定伝票をオートフィーダー付きの高速・大容量スキャナーで読込み、帳票OCRソフトでデータ化、

自社システムに取込み、あらかじめ設定した照合対象・パターンで一括読込・照合するので、

チェックの効率が大幅にアップしました。



帳票OCRソフトの認識は比較的高精度ですが、

データによって桁数が違う、数値型と文字型が混在している、

などの理由で、アルファベットのOと数字の0を誤認する等、100%の読み取りは困難です。

しかし、目視の時よりチェック漏れが大幅に減ったため、

お客様には大変満足いただいています。

===

導入機器
  ・使用スキャナー
    A4ドキュメントスキャナ Canon DR−M160 II
  ・使用帳票OCRソフト
    Panasonic 帳票OCR Ver.7

販売管理システムに関するお問い合わせは、ティーケーシステムまで。