いとうナゲットが静岡県伊東市から産声を上げて、約3年経ち、東南アジアの商業の中心国「シンガポール」でついに発売が決まりました。キングけんは発売を記念して開催された販売促進会に出向き、シンガポールでの販促活動をしてきました。







日本ではお魚を食べやすく、特に子供の魚食離れを食い止めようと水産庁をはじめ関係団体や行政などが取り組んで魚の簡便商品の発売を支援しています。この状況は日本のみならず、肉食が主流なシンガポールでも子供に魚を食べさせたい親御さんは多く、簡単に調理できる魚食商品は注目されやすくなっています。







いとうナゲットを取り扱っていただいたストアはシンガポールでは初めてとなる「完全キャッシュレスで買い物や食事を楽しむことができる施設」として「オネストビー(日本でも事業展開しています)」が運営する『ハビタット バイ オネストビー』という店舗です。

↓ 詳しくは・・・店舗イメージ・・・ ↓ クリック!
http://www.mangoste...

↓ ニュース記事・・・ ↓ クリック!
http://www.asiax.bi...







ここは、日本人のお客様はほとんどいません。完全アウェーで好き嫌いがはっきりしている。
しかし、日本同様に子供に人気で、試食した子供の親御さんは商品の説明を聞くと感心して「2P〜3P」購入してゆくのです。

さすがにシンガポールでも人気スポットなのでオープン(AM10)からクローズ(PM10)まで家族連れ、カップルなど人が途切れる事がありませんでした。
日本との違いは「魚(さば)」が嫌いな人は試食もしないということ。好きな人は試食をすると必ず購入するという事。
文化の違い、考え方の違いでしょうか?
結果、シンガポールでは静岡県伊東市で水揚げされた鯖のすり身のいとうナゲットは受け入れられたという事でした。

↓ シンガポールではちゃっかり“いとうTHEMIKAN100%"も売り込んできました。隣はビジネスパートナーのMr.アンドリューです。


↓ シンガポール版アマゾン!?レッドマーケット通販サイトでも販売中!




ブログにいとうナゲット“ネタ”を掲載しておいて、「在庫切れ」で申し訳ございませんが3月初旬に入荷しますので今しばらくお待ちください。
海外進出を成し遂げた後は更なるハードルの販売定着です。
どこの企業も販売を継続するために苦労します。
株式会社東平商会(静岡県駿東郡長泉町)は地元の生産者をはじめ、地場産品消費活動に関わるすべての方々の力になる為に日々努力しています。