明治、大正期に 日本初の琺瑯製造会社を経営し晩年を過ごした長泉では地域振興や人材育成に尽力された実業家の安生慶三郎氏
その功績を後世に伝えようと安生氏が寄贈した公会堂の立て直しが決まったのをきっかけに地元住民が逸話の再発掘を進めている




公会堂解体前  地元自治会役員の方々