3月10日(日)
「k-mix 神谷宥希枝の独立宣言 ザ☆オーディションVol.11」!







ベストパフォーマンス賞ゲットだぜ!
ありがとー!獲ると思ったけどねー!
いやしかし、27年振りのコンテストは、やっぱり定位置の、準優勝=2位=特別賞=次点、的なベストパフォーマンス賞!







1番を取れないのは昔から得意だが、俺たちの立ち位置は、頂上や先頭に居る事ではなく、誰も居ない脇道を改造車で全力でノッキングしながら走ること。
やっぱりこのほうがなんかしっくり来る、かな。
10代20代の若者の枠を奪いながらも、老い先短い俺たちに夢をと、ツアートラックのデザインまで考えていたが、日常が戻ってホッとしているのも確か。
でも、控室で仲良くなった、10代、20代、30代の地元ミュージシャンとの出会いは、90年91年のYAMAHAバンドエクスプロージョンの決勝大会のバックステージで今も続くミュージシャンたちとの出会いに似ている。
好きな事で同じステージに上がった仲間たち。
仕事じゃないしね、やっぱり嬉しいね。
あ、俺たち、君たちの親くらいの歳のおっさんだけどね。

グランプリ獲ったRitomoちゃんは、ステージでの一言目でグランプリを獲ると思ったし、オーディエンス賞の大塚友紀ちゃんは、唄声と詩を聴いて、オーディエンスの心を一番掴んだと思ったし、Tori Liccaちゃんは、ルックスと歌声がぴったりで同じベストパフォ受賞で、しかも俺たちとまさかの波長が合っちゃって嬉しかった!
他にも初々しさいっぱいの若者もたくさんいて、当然俺たちが一番上で、ステージ以外は出しゃばらないようにとしてたけど、そんな場所に行けて、おっさんだけど、チャレンジしてよかったよ!
あ、そう言えば、物販、猛烈に気合い入れていったけど、5枚しか売れなかったー!在庫どーすんだー!
あいや、買ってくれてありがとー!



そんなわけで、
サンキューk-mix神谷宥希枝inジャパン!
でもって、なんと4月末には、ライブブッキングされました!
うれしーなー!四半世紀ぶりー!
また告知します!
https://www.facebook...