太陽光発電システムの導入を検討していましたが、本日契約しました。
きっかけは、工場兼事務所の屋根がガルバリウム鋼板製折板なのです
が夏は大変暑く、特に工場はとても仕事ができる状態ではありません。
そこで考えたのが熱を下げる塗装を屋根に塗ることでした。
見積もりを取るとこれが結構な金額で、寿命も約10年と案外短いのです。
汚れによる劣化も考えると、費用対効果に確信が持てずにいました。
そこで気がついたのが太陽電池を屋根に敷き詰め、直射日光が屋根に当た
らない様にすること、早速効果を問い合わすと塗料を塗るのと変わらないと。
見積もりはさすがに高いです、塗料の約2倍強。
でも塗料は発電しませんし、ましてや売電などは有り得ません。
寿命も十分納得がいきます。
さらにエコに対する意識も向上し、一企業として環境社会に貢献したい、
光熱費を低減したい、売電も魅力、節電意識をより高めたい等々。
また、国と地方からも補助金がいただけ、その上税制優遇措置も有る。
と言う訳で今から工事が楽しみです。